ニュース

コラム
2020.02.25
(管理組合向け参考情報)国交省マンション政策小委員会の検討動向について

国土交通省は、今後、高経年マンションの増加が急速に進む中、建物・設備の老朽化、管理組合の担い手不足、建替え等の合意形成の困難さ等の課題が生じることが見込まれることから、マンションの維持管理の適正化や再生の円滑化に向けた取組みの強化等、ストック時代における新たなマンション政策のあり方を検討する委員会を設置しています。

昨年10月18日に「社会資本整備審議会住宅宅地分科会マンション政策小委員会」第1回を開催し、その後同委員会は4回開催されていますが、最新の2月に開催された委員会で、それまでの検討のとりまとめを協議した資料が公開されていますので参考に転記して添付いたします。

第4回マンション政策小委員会 2020年2月10日
https://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000175.html

→とりまとめ概要資料   
→本文資料 
→とりまとめ(案)資料