ニュース

イベント
2018.12.26
「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」研修を開催しました。

厚生労働省の関係政令・省令等の一部改正により2019年2月1日以降、高所での一定の作業についてはフルハーネス型の安全帯(墜落制止用器具)を労働者に使用させることや、当該労働者に対し特別教育を行うことが事業者に義務付けられました。
この法改正は、労働者の安全性の向上を図るものです。
株式会社イワサ・アンド・エムズ安全衛生協議会では、この改正に基づき1回目の「フルハーネス型墜落制止用器具取扱特別教育」を12月20日(木)に板橋区立グリーンホールにて該当者を集めて実施しました。今後も安全教育には最大限注力してまいります。